IoT電子工作 スマートリモコン「sLab-Remo」

電子工作を始めたい方や知識を深めたい方に

本キットを活用した工作ガイド(Web公開)を参照でき、電子工作を楽しみながら基礎から応用まで学習できます。
企業研修や教育機関の教材に
Wi-Fi接続や各種センサ利用などIoTを実現する方法を基礎から理解でき応用も可能ですので研修教材にも最適です。
「sLab-Remo」好評発売中
(団体様向けには団体様価格にて提供していますのでお気軽にお問い合わせへ)

本キットで実現できる電子工作

工作ガイドを利用して以下の電子工作(一部紹介)を実現できます。また、配線やプログラムを自由に製作し様々な電子工作が可能です。

人を感知して家電制御やメール送信

人感センサー(赤外線センサー)を利用し人の動作を検知して家電を制御(リモコン信号の送信)したり、IFTTTのWebhooksを利用してメール通知を行う電子工作を実現できます。

スマホで温/湿/照度確認や家電を制御

スマホやPCのWebブラウザで温/湿/照度を確認できるIoT端末を工作できます。また、家電のリモコンをボタン名をつけて受信設定し、スマホで家電を制御できる電子工作を実現します。クラウドとMQTTで常時接続することにより屋外でもスマホ(IFTTT Button widget利用等)で家電制御をを実現します。

AIスピーカで家電制御

MQTTによりIoT端末をクラウドへ常時接続することにより外部クラウド(Alexa/Google)からの制御を実現します。AIスピーカ(Alexa/GoogleAssistant)への音声制御はクラウド経由でIoT端末に制御を行い、家電操作を行える電子工作を実現します。

Scratch3.0でプログラミング(拡張機能)

Scratch3.0を端末にインストールし、IoTスマートリモコンの拡張機能を有効にすることで、専用ブロックでプログラミングできます。 (Scratch3.0利用方法についても工作ガイドで説明しています)

Scratch3ExtPic
IoT_RemoNet1
11

Scratch1.4も利用可能

Scratch1.4の遠隔モニター接続機能を利用して、プログラムする方法を工作ガイドで紹介しています。 Scratchインストールや工作キットの環境構築など事前準備から説明しています。プログラム例として「暗くなったらライトON」を実現するため、センサー情報を取得し照度値で暗さを判定し暗い場合にリモコン信号を送信する例を紹介しています。

Arduino互換(ESP32-DevKitC) 利用

Arduinoとは「Arduinoボード」(ハード)と「Arduino IDE」(ソフト)から構成されるシステムとなります。電子工作を学習したり製品プロトタイプを製作するために利用されています。 本キットはArduino互換機であるEspressif Systems社純正の「ESP32-DevKitC」を同梱しています。(Arduino互換はArduinoと同じ設計で作られているため同様に利用することができます。) 「ESP32-DevKitC」は「ESP-WROOM-32(D)」を内蔵しパソコン接続のためのUSBポートなどを追加した開発用ボードとなります。「ESP-WROOM-32(D)」は多機能で安価なため電子工作やIoTにおいて注目の製品となります。

Arduinoとブレッドボードを使って簡単に電子工作

ブレッドボード上に回路を組み立て、パソコン上のArduinoIDEでプログラム(Arduino言語)を作成し制御を実現します。

本キットを利用して学習できる工作ガイド(Web公開)のご紹介

工作ガイドを利用し基礎から応用まで学習することができます。また、工作ガイドを利用せず本キットを利用して自由に電子工作も可能です。

ArduinoIDEのインストールから設定まで

ESP32-DevKitCを用いてArduinoIDEを利用する方法についてインストールからボードやライブラリなど各種利用方法も含めて説明しています。

基礎から応用まで順次理解を深める工作例

10行程度プログラム実現できる基礎的な内容から、MQTTでクラウドへ接続する応用的な内容まで順番に理解を深めることができる工作例を用意しています。

電気回路や配線、制御ソフトを説明

AIスピーカ連携などの電子工作を楽しみながら学習でき、電気回路や配線、制御ソフト(スケッチ)について説明しています。制御ソフトはダウンロード可能です。

データやファイルの利用方法も紹介

EEPROMやSPIFSを利用し、ボタン名やリモコン信号を保存し利用します。また、HTMLやJavascriptファイルを利用する方法なども紹介しています。

工作ガイド閲覧やソフトダウンロードは自由に可能(無料)

同梱物一覧

Espressif Systems社製のESP32-DevKitCを同梱。また、ブレッドボードとケーブルワイヤーセットはE.I.C.(E-CALL ENTERPRISE CO., LTD. )社製を同梱。
構成部品

【同梱物一覧】

・ESP32-DevKitC【Espressif Systems社製】《1個》
・ブレッドボード 400穴(6*2*30列,2*24列)【E.I.C.社製】《1個》
・ジャンパーワイヤセット【E.I.C.社製】《1個》
・5mm赤外線LED 940nm《3個》
・赤外線リモコン受信モジュール《1個》
・トランジスタ《1個》
・3mm黄緑色LED《1個》
・温度センサー DHT11《1個》
・照度センサ(フォトトランジスタ)《1個》
・人感センサ 《1個》
・ジャンパー線《1セット》
・抵抗(10Ω/200Ω/1kΩ/10kΩ/200kΩ)《各1個の合計5個》

注)本キットの工作には上記同梱物以外に、パソコン、マイクロUSBケーブル、ラジオペンチ、ニッパーなどが必要です。(ハンダ付けは必要ありません)

IT人材の必要性

近年、スマート家電などの普及によりあらゆるものがインターネットに接続されるIoT化が急速に進んでいます。今後も5G(第5世代移動通信システム)が開始され、さらに弾みをつけてIoTは普及していきます。

しかし、これらの技術に対応する技術者は慢性的に不足しており「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」*の調査では2015年時点で17万人のIT人材が不足しており2030年には59万人が不足すると予測されています。

*経済産業省(2018年)

「sLab-Remo」好評発売中
(団体様向けには団体様価格にて提供していますのでお気軽にお問い合わせへ)