IoT / AI学習 電子工作

スマートリモコン「sLab-Remo2」

ScratchやArduino対応(プログラミング)
AI体験・学習(sLab-AI学習サイトと連携)

Lp_ScrachPC_Smapho_AI
絶賛発売中【販売価格:3,900円(税別)】
(団体様向け特別価格もご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい)

本キットで実現できる電子工作

工作ガイドを利用して以下の電子工作(一部紹介)を実現できます。また、配線やプログラムを自由に製作し様々な電子工作が可能です。

人を感知して家電制御やメール送信

人感センサー(赤外線センサー)を利用し人の動作を検知して家電を制御(リモコン信号の送信)したり、IFTTTのWebhooksを利用してメール通知を行う電子工作を実現できます。

スマホで温/湿/照度確認や家電を制御

スマホやPCのWebブラウザで温/湿/照度を確認できるIoT端末を工作できます。また、家電のリモコンをボタン名をつけて受信設定し、スマホで家電を制御できる電子工作を実現します。クラウドとMQTTで常時接続することにより屋外でもスマホ(IFTTT Button widget利用等)で家電制御をを実現します。

AIスピーカで家電制御

MQTTによりIoT端末をクラウドへ常時接続することにより外部クラウド(Alexa/Google)からの制御を実現します。AIスピーカ(Alexa/GoogleAssistant)への音声制御はクラウド経由でIoT端末に制御を行い、家電操作を行える電子工作を実現します。

Scratch3.0でプログラミング

Scratch3.0を端末に構築しIoTスマートリモコンの拡張機能を有効にすることで専用ブロックでプログラミングできます。 (Scratch3.0利用方法についても工作ガイドで説明しています)

Scratch3ExtPic286
IoT_RemoNet1

Arduinoとブレッドボードを使って簡単に電子工作

ブレッドボード上に回路を組み立て、パソコン上のArduinoIDEでプログラム(Arduino言語)を作成し制御を実現します。

IoTシステムの仕組みを学習(クラウド利用)

クラウドを利用したIoTシステムを実現します。クラウドを利用することにより「屋外からのスマホ操作」や「AIスピーカ連携」など多様なサービスを実現することが可能となります。 クラウドの設定や利用方法をガイドにて説明していますのでシステム全体を自分で構築しながら仕組みを学習していきます。

スマホからの家電操作

電子工作したスマートリモコンはスマホから操作可能です。ガイドからダウンロードするサンプルプログラムにはスマホから操作も実現しています。(左図は環境センサ付・カメラ付スマートリモコン操作画面です。) 画面はHTMLで作成されておりソースも公開されているので、自信で好きな画面に変更も可能です。 Arduinoプログラムを学習してオリジナルのスマートリモコン を制作を楽しんで下さい。

本キットを利用して学習できる工作ガイド(Web公開)のご紹介

工作ガイドを利用し基礎から応用まで学習することができます。また、工作ガイドを利用せず本キットを利用して自由に電子工作も可能です。

ArduinoIDEのインストールから設定まで

ESP32-DevKitCを用いてArduinoIDEを利用する方法についてインストールからボードやライブラリなど各種利用方法も含めて説明しています。

基礎から応用まで順次理解を深める工作例

10行程度プログラム実現できる基礎的な内容から、クラウドへ接続する応用的な内容まで順番に理解を深めることができる工作例を用意しています。

電気回路や配線、制御ソフトを説明

AIスピーカ連携などの電子工作を楽しみながら学習でき、電気回路や配線、制御ソフト(スケッチ)について説明しています。制御ソフトはダウンロード可能です。

データやファイルの利用方法も紹介

EEPROMやSPIFSを利用し、ボタン名やリモコン信号を保存し利用します。また、HTMLやJavascriptファイルを利用する方法なども紹介しています。

工作ガイドで回路図や配線図(左図)
ソフトを提供し初心者でも工作可能【無料】

「sLab-AI学習サイト」と連携し仕組みを体験しながらAI学習

本キットのカメラと連携し「sLab-AI学習サイト」で自信で作成したAIで画像判定を体験しながら学習

「sLab-AI学習サイト」との連携学習

AI学習の「sLab-AI学習サイト」と連携してAIを体験しながら学習できます。連携できる内容は以下の通りです。 【sLab-AIでキット連携できる内容】 (1)学習フェーズでの学習画像データ取得 (2)判定フェーズの判定画像取得 (3)判定フェーズの結果に応じたKit制御 右図は上記(2)のカメラ映像をAIサイトで画像判定したイメージ

Lp_AIsiteとカメラ2
「sLab-AI学習サイト」の学習フェーズ

「sLab-AI学習サイト」でAIを作成学習

「sLab-AI学習サイト」では「学習フェーズ」と「判定フェーズ」に別れてAIの仕組みを学習できます。 【学習フェーズ】 学習データ作成(キットやPCカメラ、マウス手書き)、AIモデル作成、データ学習を行いAIを作成していきます。 【判定フェーズ】 作成したAIを実際に判定する画像で性能を確認します。判定に応じてリモコンを制御するなどキット制御も可能です。

同梱物一覧

赤外線送受信や環境センサ、カメラのほかに超音波センサや赤外線障害物センサなど主な電子部品を一通り学習可能。
sLab-Remo2部品一覧2

【同梱物一覧】

・ESP-WROOM-32開発ボード 《1個》
・ブレッドボード 170穴(17*5列*2) 《4個》
・ジャンパーワイヤセット 《1個》
・5mm赤外線送信LED 940nm 《5個》
・赤外線リモコン受信モジュール 《2個》
・トランジスタ 《2個》
・3mm黄緑色LED 《2個》
・温度センサー DHT11 《1個》
・照度センサ(フォトトランジスタ) 《1個》
・人感センサ  《1個》
・ジャンパー線 《1セット》
・抵抗(10Ω/200Ω/10kΩ/200kΩ) 《一式》
・カメラ(映像通信用) 《1個》
・超音波センサ(距離測定) 《1個》
・障害物赤外線センサ(障害物検知) 《1個》    など

注)本キットの工作に必要な部品は全て同梱されています。ただし、組み立てにはパソコン/ラジオペンチ/ニッパーが必要です。(ハンダ付けは不要)

ESP-WROOM-32【技術基準適合証明製品】

Arduinoとは「Arduinoボード」(ハード)と「Arduino IDE」(ソフト)から構成されるシステムとなります。電子工作を学習したり製品プロトタイプを製作するために利用されています。 本キットはArduino互換機であるEspressif Systems社の「ESP-WROOM-32」を内蔵した開発ボードを同梱しています。(Arduino互換はArduino同様にプログラミング学習することが可能です。) 「ESP-WROOM-32」はWi-Fiアンテナ等を内蔵しBlueToothにも対応した無線モジュール付のマイコンとなります。非常に多機能で安価なため電子工作やIoTにおいて注目の製品となります。

絶賛発売中【販売価格:3,900円(税別)】
(団体様向け特別価格もご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい)

IT人材の必要性

近年、スマート家電などの普及によりあらゆるものがインターネットに接続されるIoT化が急速に進んでいます。今後も5G(第5世代移動通信システム)が開始され、さらに弾みをつけてIoTは普及していきます。 しかし、これらの技術に対応する技術者は慢性的に不足しており「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」*の調査では2015年時点で17万人のIT人材が不足しており2030年には59万人が不足すると予測されています。 「sLab-Remo」はIT人材育成の一助となるようプログラムや回路は全てオープンにし、ブレッドボード等で拡張性のある仕組みで提供しています。 *経済産業省(2018年)

IoT電子工作 スマートカー「sLab-Car」

株式会社SOCINNOが販売する別の製品となります。

sLab-Carはロボットの組み立てや制御を楽しみながら電子工作やIoT・プログラミングが学習できるキットです。
【sLab-Carの特徴】 ・Scratch,スマホなど多彩な制御を実装し学習Scratch3対応で専用ブロックでプログラミング学習 ・Scratchプログラムは毎回書込不要で効率的に学習 ・カメラや超音波センサなど多くの電子工作を学習 ・遠隔制御や映像通信伝送など通信の仕組みを学習